ゆたりの日記

~息子のほっぺには幸せが詰まっている~

息子について

f:id:yutarisho:20170304233750j:plain

 

2014年12月に生まれた息子も、ついに二歳。

今年の誕生日が来たら、なんと三歳になるらしい。

ついこの前陣痛が来たような気さえするのに…

子供の成長は早いと聞いていはいたけれど。

本当に早かったです…。

 

生まれたばかりの頃は一人では何も出来ず、『おなかすいた』『違う景色が見たい』『だっこして』等、何かしらの要望を全て泣くことで伝えていたのに

気付いたら寝返り打って

気付いたら座れるようになって

気付いたらハイハイしだして

気付いたらつかまり立ちしだして

気付いたら一人ですっくと立ち上がって

気付いたら歩き出して

最近はよくお喋りするようになりました。

(と言っても、単語が沢山出るようになってきただけで、言えて二語言葉ですが…)

 

お外が大好きで、電車を見るとテンション上がる。

そんなうちの息子。

 

昨日も「おしょと!おしょと!」とせがまれて、一番近くの公園に行くはずが

やりたい放題盛りの息子、母の制止を振り切り駅の方に一直線!

踏切が見える道まで行き、キラキラした目で

「でんしゃ、まだかなあ~!」

「あっ!でんしゃ、きた!」

「また、くるねえ!」

「きゃ~~~~~~!!!!!!!(テンション上がりすぎて大絶叫)」

………かわいすぎか………

 

しばらく電車を眺めてから、帰り道にある公園に寄ることにしました。

(最初に行こうとしてた公園より広い、そしてちょっと遠い)

公園の遊具も、歩き始めたばかりのころにはどれも怖がって近付かなかったのに

一歳半くらいからすべり台にドはまり。

乗ってびよんびよん動くおうまさん?の遊具はまだ少し怖いみたいですが…

昨日は初めてジャングルジムを楽しんでました。

のぼるのではなく、くぐるだけでしたけどね。

「おかしゃんも!おかしゃんも!」と呼ばれ最初の方は頑張りましたが

狭すぎて何度もは無理~

途中から気付かれないようにゴール地点(と仮定した場所)で待ち

「こっちだよ!おいでおいで~」

と呼んで息子が来たら

「すごいね!今度はあっちで待ってるね!」

とやることで事なきを得ました。

(息子もすごい楽しそうだった)

 

しかし一番大変なのは帰る時ですよね。

世のお母さんたちは経験がおありなんじゃないでしょうか…

お子様のいらっしゃらない方でも、見たことはあるんじゃないかな。

 

「あ、もうこんな時間!そろそろ帰ろうか~」

「イヤッッッッッ!!!!!!!」

(場合によっては寝転んで号泣)

 

ってやつです。

 

うちの息子、年齢のせいなのか、まだそんなに激しい抵抗は見せたことないんですが、

そろそろ知恵がついてきたようで

「そろそろ帰ろうか」と声をかけると

「もっかい!もっかいだけ!!」と返すようになりました。

 

「うーん、じゃあ最後ね!あと一回だけね!」

の私の声を聞いてすべり台の階段に向かって走り出す息子。

にこにこしながら滑り降りてきます。

 

「はーい!じゃあ帰ろう~」

「もっかい!!もっかいだけ!!!!」

「………」

今度は私の返事も待たずにすべり台の階段に向かって走ります。

無言のまま息子を見つめますが息子ニッコニコ

今度は滑り降りてきてすぐ

「もっかいだけ!!!!!」

 

 

 

終 わ ら ん わ

 

 

 

逃げる息子を半ば強引に捕獲し、それでもなんとか逃げ出そうとする息子をなだめます。

「続きはおうちで遊ぼう!ね!でんしゃ(のおもちゃ)が待ってるよ~!!」

「もっかい!!!!もっかいだけ!!!!!」

「すべり台はまた今度!また公園遊びに来ようね!!」

「イヤッ!!」

「……帰ったらおやつが待ってるかもよ……?」

「!! おやつ!!」←急におとなしくなる

 

もので釣るようなやり方は出来ればしたくないんですけどね!

世のお母さま方はどうしてるんだろう?

本当に、毎日が大騒ぎ。

元気いっぱいな息子と、毎日頭を突き合わせて

幸せを感じたり

闘ったり

笑いあったり

泣いたり

時には頭脳戦で出し抜きあったり

息子の可愛さについ負けたり…

 

そんな日常を書いていきますので

どうぞよろしくお願いいたします。

 

広告を非表示にする